持ち家?借家?家を決める前に

誰もが自分の城を持ちたいという願望はあるかと思いますが、住宅を購入する費用、又その維持費、メンテナンス費用などを考えると、賃貸、借家の方がいいのではないか、この議論は色々なところで述べられています。
借家に暮らすという事は、ずっとその借家に暮らしている間、賃貸料を払う事になります。
住宅を購入し持ち家を所有する事は、何十年もの住宅ローンを背負って生きていくことになります。
さて、どちらが自分にとって有利なのか、子供が大きくなってきて住み替えなども考慮する必要が出てくると、借家住まいの方はいろいろ考えるでしょう。

借家の場合、いくら家賃を払ってもその住宅が持ち家になる事はありません。
住宅を購入する場合、住宅ローンを支払っていくことが絶対条件となります。
固定資産税などの税金もかかってきますので、かかる経費はかなりのものです。
借家の場合も、修繕費用などを積み立てる事が必要な場合もありますし、いったいどちらが得なのか大きな疑問です。

経済的な面だけ考慮すれば、賃貸の方がお得という人の方が多いです。
借家の場合、通常、賃貸料を支払っていくこと、また敷金礼金などを支払うという事以外、修繕費の積み立てなどがあっても、持ち家の修繕費などを考えると、借家の方が支払う金額は少ないと試算されることが多いからです。
どのような借家に暮しているのか、家族構成はどうなっているのかによっても違いが出てきます。
当サイトは、借家のメリット、デメリットについて考えるサイトです。
持ち家にしようか、借家のまま行くか、悩まれている方の情報として利用していただけたら幸いです。

Copyright © 2014 借家のメリットデメリット All Rights Reserved.